スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聴いていた曲 

豪州西海岸。
ひどい砂嵐にイタブラレテいる。
ごほごほごほごほごほ、えっへん。


先日、フィッシュショップにて行方知れずになったお釣り。
$20。
手元に戻った。

店頭にて、どう考えても受け取っていない筈、と豪人おっとっとと共に店主に話し、
「店じまい後に、計算して過剰分が出たら連絡するとのことで、電話番号を残していた。

翌朝、本当かどうかは不明だが、
「ちょうど$20余分だった」とのことで。

決め手は。
豪人おっとっとも絡ませたこと。
ローカル(近所住人)である事のアピール。
店の100m圏内の幼稚園、小学校の父兄とアピール(噂は恐いだろうと予測)。
お釣り貰っていないのにも気付かなかったこちらの落ち度。
パンク直後との説明(大袈裟に)。
謙虚な態度。
以上。

人生諦めてはいけない時もある。



パンクにも気付かず大音量で聴いていた曲はこちら。

[2009/09/27 17:01] 紹介 | トラックバック(-) | CM(2)

おつり

私もありましたよ。10ドル受け取るの忘れて帰ったこと。気づいてすぐに取りに戻ったら、マネージャーがそこのレジの引き出しを外して、オフィスに持って行き、数えてみたら差額がちょうど10ドルだったので、返してもらえました。アメリカ人ってお金のこととか結構いい加減そうだから、キャッシャーもそんな感じで、きっちり10ドルの差額になるのか心配だったんですが、意外としっかり管理されているものなんだなと思いました。私にお釣り私忘れたキャッシャーは謝りもせずにしらっとしてましたけど。

今は、セルフサービスのレジができたので、よほどのことがない限りそこを使ってます。いやなキャッシャーに会わなくて便利です。
[2009/09/28 03:35] あいこ [ 編集 ]

*あいこさんへ

あいこさんもありますかっ。ちょっとホッとしました。
$10もかなりですけど(失礼→)、私のボケ具合ったら更にプラス$10ですから…情けなかった。フィッシュ屋のレジは金髪のおねーちゃんで、「渡しましたよ」と答えたんですね。「あれ~(泣」なんて一旦テーブルに引き下がり、でもやっぱり再説明に戻ったらオーナーのおばちゃまが出てきて。あの娘に私の$20、ぽっぽナイナイされるのは納得いかなかったので(思い過ごしかも)、結果的にちょっと変化球の無言の「責任者出せ」となって良かったです。

セルフのレジ、私はまだ慣れないんですが、よし、すこしずつトライしてみよう…。
[2009/09/28 22:53] いつくら [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。