スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

作品2点 

嬉々福々のapplepie6t様が長女と同じお空を見ていらしたとのこと。
嬉しがって当方でもアップ。


長女「ひこうき雲」
resizIMG_2156.jpg
父親のTシャツのポケットや顔のシワの描写が正確。



ついでと言っては可哀想だが。
こちらもアップ。

次女「猫」
resizIMG_2161.jpg
「猫を描く」と先に宣言。
出来上がったら本当に奇妙な猫だったので長期保管決定。
母は結構気に入っている。
[2010/04/23 08:45] 子ども | トラックバック(-) | CM(10)

ニホンゴデユケ 

週末。
土曜の午前中。
長女の日本語補習校の入学入園式。
かつて日本語プレイグループには参加していたけれど、
日本語環境で「学ぶ」体験は初めての長女。
初日から非常に楽しんでおり一安心。

月曜午後。
通常の学校の後、バレエクラスからの帰り道。
「補習校に行きたいから連れて行って。」と懇願される。
「補習校は土曜の朝だけ。今、行っても誰もいないよ。」と説明するも、
「補習校の建物だけ見るのでいいから連れて行って。」としつこく懇願される。
「補習校が借りている学校ももう門が閉まっていて中に入れない。建物も教室も見えないよ。また土曜日に行こう。」と再説明。

補習校の先生が大好きになり、
お友達とも楽しく過ごしたから、
どうしてもまた教室が見たくなったらしい。
幸せな子。

初日のお歌は「とんとんとんとんひげじいさん」と「チューリップ」とのこと。
[2010/04/20 21:02] 子ども | トラックバック(-) | CM(2)

スクールホリデー中 

2日金曜。
グッドフライデー。
母子4組(母4人、子ども7人)でシーワールドへ。
早く到着したので開園前の9時半から並んでみたら、
気付けばその日一番の入場者になり、
帰りは閉園時間ちょうどにゲートを出たので、
その日一番長く居座った者達ということになる。
娘2人をママ友にお願いして、
約17年ぶりに逆さまになるジェットコースターに一人で乗ってきた。

3日土曜。
この日は娘達と3人でWet'n'Wild(ウェットアンドワイルド)へ。
次女が100cmにギリギリ満たないので、乗れるものは一切なく。
波のプールと、浮輪に乗って流れるプールで過ごす。
帰りの混雑を避ける為に3時半には早々に撤収。

4日日曜。
クラスメートのお宅へお呼ばれした長女だけプレイデート。

5日月曜。
イースターマンデー。
午前中、州立博物館と現代美術館へ。
娘2人とも博物館の半屋外にある恐竜の大型模型コーナーが大好き。
もう7回目か。
いつも定期的に流れる恐竜の歌も熟知。

午後。
友人夫婦2組と共にサンドゲートのビーチへ。
フィッシュアンドチップスアンドビア。


自分でも良く分らないのだけれど。
疲れも感じず。
もの凄い濃度で娘達にサービスしている。



そして明日からは毎朝。
恒例のスイミング集中レッスン。
3歳を迎えた次女、待望の初の習い事。

泣くかな?
[2010/04/05 19:32] 子ども | トラックバック(-) | CM(6)

自転車 

日本に帰国されるご家族から子ども用の自転車をお下がりで頂いていた。
長女にちょうど良いタイヤサイズで、しかも補助輪なし。

インストラクター役の私は、
無理強いしない事
イライラしない事
ポジティブに褒める事
その3点を硬く自身に言い聞かせて指導。

日曜日に公園で1回
自宅で2回

いつにない母親の決心の甲斐あってか、3回目の練習で運転可能になった。



実は公園で練習していた時に、
自転車乗りたてだけれどかなり上手く運転していた男の子がいて、
親御さんの目のかけ方がいかにも「乗りたての息子」に対するものだったので、
ほのぼのと眺めていたら、
調子よく運転中の彼がゆるい傾斜の途中で突然、バイクウェイ脇の鉄柱に激突。
激泣き。
焦って駆け寄る両親。
ひぇ~。

よって。
来るイースターホリデー中に再度公園で、
傾斜路の運転、
予期せぬ障害物の避け方、
長い距離の練習をさせる予定。



人生、油断禁物。
[2010/03/30 10:06] 子ども | トラックバック(-) | CM(2)

おねしょ 

なーんの事はない。
しっかりおねしょをされた。

シーツ、マットレス、枕2つ、パジャマ、パンツ、本2冊。
朝一で全て洗濯やら日干しやら。

本2冊は、昨夜読み聞かせした日本語の「ジャックと豆の木」と「イソップ物語」を
次女は抱いて眠ったから。



義母のナーシングホームは非常に綺麗で悲壮感はなく一安心。
ダイニングルームは、年配向けのレストラン並みにきちんとテーブルセッティングもされ
図書室、TVルームなど上品に配慮されていた。
自室はまだ家具などを入れていないので、豪州の私立病院の個室…といった印象だが
確かナショナルパーク(国定公園)に認定されているブッシュに面したバルコニーもあり
丘の向こうの太平洋も感じられて気持ちが良い。

ブリスベンで2泊、用事の為に連れて帰ってきた。
途中、クーラムにある私の密かな隠し玉レストランでランチを奮発しようと思ったら
残念、水曜はディナーだけの模様。
2軒隣のカフェで済ませたが、久々のお天気でのんびり気持ち良く海沿いでの食事ができた。
[2010/02/04 08:25] 子ども | トラックバック(-) | CM(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。